合宿免許で素早く免許を習得|時間を効率的に使う

船の専用免許

初心者マークと教科書

水上を、船で走るためにも免許は必要になってきます。船舶免許には、操作する船の大きさによっても取得する免許の種類が決まっているので船舶免許を取得する際はまずどの大きさの船を操作したいのかを決めてから船舶免許を取得する必要があります。取得後、取得した船舶免許では操作ができないということがないように予め操作したい船の大きさを把握しておくことが大切です。また、水上バイクも船舶免許の一種にあたります。そのため、素性バイクを楽しみたい場合も船舶免許の取得が必要になってきます。夏の季節に備えて、取得しておきたいと考えているのであれば合宿を利用することでスムーズに取得できます。

船舶免許を取得する場合にも、合宿を利用することでスムーズに取得をすることができます。もちろん、通学でも取得は可能です。船舶免許には、操作する船によって取得に必要な船舶免許が違うので必要な船舶免許を取得できるプランを選択する必要があります。1級船舶免許は、水上バイクを除いた小型船舶を操作する船舶免許の中ではトップの免許に当たります。船体の大きさが20トン未満の船で、航海領域が無制限ですが沿岸海域の外側に出る場合には6級海技士を持ったものを乗船させなくてはいけません。2級船舶免許は、操作できる船の大きさは一級と変わらず航海領域が制限付きというものになります。湖や川専用の5トン未満の船を操作する際に必要な、湖川船舶免許もあります。自分の用途に合わせて、船舶免許を取得することが大切です。